motolovelyboy`s diaryから越してきました

五感を養う目的で?「幻想の京都 渡月橋」に行ってみた and もろもろ

 

f:id:motolovelyboy:20181214222356j:plain

 

観るには特等席?そばの「よしむら」

f:id:motolovelyboy:20181214222653j:plain

 

河原では屋台が出ていた

同行者撮影

アユです。

f:id:motolovelyboy:20181215142551j:plain

f:id:motolovelyboy:20181214224147j:plain

f:id:motolovelyboy:20181214222834j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215064724j:plain


食事は

同行者がスマホで撮る。高そうに見えるが庶民的価格!。

 

初日 夕食

めなみ 

京料理の代表格 おばんざい

f:id:motolovelyboy:20181215142431j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215142454j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215142515j:plain

 

二日目 ランチ

町家割烹 美先(misen)

f:id:motolovelyboy:20181215142629j:plain

 

読者お薦めの超超高級菓子!は

マリベル

f:id:motolovelyboy:20181215144616j:plain

値段は伏せておきましょう(笑)。好きなデザインで選べる。

一口で食べるより飾っておこうか、銀座レディーちゃんs!。

いや、やっぱ食べるか。

 

ファッション・カルチャーだと

ISSEY MIYAKE KYOTO

f:id:motolovelyboy:20181215151313j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215171825j:plain

ネット画像

 

 とにかく

どこへ行っても「おおきに」のホスピタリティーが充分にくみ取れて

サービス業の基本は京都だと思いましたね。

同行者の運転の正確さと相俟ってメルセデスの信頼性を満喫した往復と

京都市内でのレトロっぽい電車に郷愁を覚え、新しい発見とヒトとのふれあいで

最高のミニ・トリップでした。

お疲れ様でした同行者さん

and 

サンキュー・キョート。

 

ならば再び卓越したYouTubeをどうぞ、、。

 

追記

2018/12/15  22:46

写真をもっと見せて下さいとメールを頂きましたので同行者さんが撮ったのを

何枚か付けます。では大きくして!。

f:id:motolovelyboy:20181215224824j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215224844j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215224911j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215224928j:plain

f:id:motolovelyboy:20181215224953j:plain

 

追記

2018/12/16  10:38

モデルNちゃんから着信。ありがとう。

お疲れ様です!

鮎の塩焼き良いですね…

ご飯が全て美味しそうです。

イッセイミヤケの京都店、気になります。いつか行ってみます。

 

追記 

2018/12/16  13:31

小田急線1の美女kinuちゃんから着信。ありがとう。

すごい、、、

洗練された美しさのある食事と夕暮れの風景ですね。

趣があるとはまさにこの事ですね~

 

 

 

前出記事