motolovelyboy`s diaryから越してきました

イヴェット・ミミュー

 

f:id:motolovelyboy:20181118044337j:plain

このごろはイヴェット・ミミュー(1942~)と表記されているけど僕的には

断然イヴェット・ミメオ。高校の頃の初恋の女優でした。カウフマンもそうだけど。

f:id:motolovelyboy:20181118044441j:plain

 uuuumu、みなとみらいに似てるコがいますね、リーさん、そう思わない?。

 

Light In The Piazza (1962) 

f:id:motolovelyboy:20150919100530j:plain

この笑い方、役の上で病気です。

そしてこのウエストを見よ!。まさにウエストサイズ物語。

日本未公開。西田さんに頂いたスペイン版DVDで堪能してます。

サントラも聴かせるな。

 

 こう言うファンがいるんだ、嬉しくなります。

 

 映画史上2本しかないシネラマ劇映画のうち一本

「不思議な世界の物語」ではお姫様役で出ています。

https://www.youtube.com/watch?v=N9Bbr0Z2LvM

著作権がどうたらこうたらで削除されています。

こう言うアホがいるんですね。ハリウッドではネガ消失でDVDもこの世に

なくて、言ってみれば記録メディアがないのだからライバルはいない。

文化を知らしめる意味で削除しなければ良いのに!。

僕はレーザーディスクを焼いてDVDで持っているから良いけど

心の狭い輩にがっかり。

削除すべきYouTubeはゴマンとあるのに、、、。

 

ロイド・シアターより↓

『不思議な世界の物語』は、「ババリアの森深くに展開する驚異と夢幻」「すばらしい冒険とスリル!さあ、おとぎの国へ!」というコピーで宣伝され、1964年3月6日から240日間、スーパーシネラマ劇場のテアトル東京(東京)とOS劇場(大阪)でロードショー公開された。テアトル東京の興行成績は動員27万5221人、興行収入は1億1340万。一般公開は1965年8月21日から7日間、新宿スカラ座など8館で行われ、動員23433人、興行収入は641万だった。

 

チェンバレンとの連続ドラマは

 

事典のようなkoukinobaabaさんのサイトより

 

風と共に去りぬ」ではヴィヴィアン・リーがギュギューって

締め付けられるけどこの程度の画像しか見つかりません。

f:id:motolovelyboy:20181122205349j:plain